サッポロビール北海道工場

本文の文字サイズ

  • 中
  • 大
かりんちゃん物語

ホーム » えにわで みる » サッポロビール北海道工場

発祥の地に立つ 「工場という名の美術館」

 新千歳空港から車で約30分、36万㎡という広大な敷地の中に、サッポロビール北海道工場は建っている。本工場は1989年に竣工し、数々の新鋭設備と高い技術力を背景に、ビールの製造を行っている。

 工場見学では、仕込から瓶/缶詰め~パッケージング及び搬入に至るビール製造の過程を、楽しく見学することができる。オートメーション化された流れ作業の中で、次々にビールが製品化されていく様子は、まさに圧巻の一言。

 また本工場にはゲストハウスやゲストショップ、レストランなどのほか、光の庭や遊歩道などの緑豊かな施設も豊富に設けられている。特に2001年に開設されたビオトープ園では、コイやフナ、キツツキやカワセミ等々、豊かな緑の中で生きる動植物の姿を観察できる。

 工場内にはパークゴルフ場もあり、清々しい緑の中で、北海道が発祥の地と言われているパークゴルフを堪能することができるほか、1月~3月は歩くスキーも楽しめる。先端的な生産設備と、自然を生かした庭園や娯楽施設が見事に調和し、まさに工場という名の美術館の尊称に相応しい。また大人から子供まで、終日楽しむことのできる施設でもある。

施設情報

住所:
恵庭市戸磯542-1
電話番号:
011-748-1876(予約代表窓口:10時~17時)
休館日:
毎週月曜日(祝日の場合は翌日) 年末年始及び特別休館日
見学受付時間:
10:00~15:50
(すべてガイド付きのツアーとなり、毎00分スタートとなります。)
見学所要時間:
約60分(ご案内…40分、ティスティング…20分(2杯まで)
見学案内時間:
10:00/11:00/13:00/14:00/15:00/16:00 スタート
システム:
前日までの予約制となっております。
ご案内人数:
2名~40名様まで(1名様や80名様以上の場合は御相談ください)。
見学料:
無料
ホームページ:
http://www.sapporobeer.jp/brewery/hokkaido/

所在地情報