かりんちゃん物語

本文の文字サイズ

  • 中
  • 大

かりんちゃんのプロフィール

誕生日:
約3,000年前のことなので・・・忘れました。
身長:
2cm~2m (通常は2mです)
体重:
ひみつ ※女の子にはタブーな質問(笑)
性別:
女の子 (すずらんの妖精)
性格:
明るく元気!
長所:
みんなを笑顔に出来ること
短所:
暑さと水 (雨・雪)が苦手なところ

誕生したきっかけは?

昔むかし、今は恵庭と呼ばれる地のスズラン畑で生まれたスズランの妖精です。
詳しくは下段のかりんちゃん物語をお読みください。

かりんちゃんが感じる恵庭の良さ、魅力は?

自然が豊かなところ、まちにお花があふれているところ。
そして住んでいる人々が優しいところ。

これからの取り組みや活動は?

恵庭の素晴らしい自然を守りながら、少しでも多くの人々に恵庭市の良さを知ってもらうべくPR活動を行っていきます。

かりんちゃん物語

 昔むかし、今は恵庭とよばれる地に綺麗なスズランが咲き出しました。
それから長い時間をかけて、それはそれは見事なスズランの花畑ができました。

 知っていましたか?花たちがたくさん集まると、妖精が生まれることを…。
スズランの花畑からもかわいいスズランの精が生まれました。

 妖精は、何かをするために生まれてきたわけではありません。
ただ楽しく、毎日笑顔をふりまいて、しあわせに暮らしていくのです。
スズランの精は、スズランがたくさん咲いているかぎり、ずーっと年を取ることもありません。

 でも、スズランの精に話しかけられ、笑顔を見ることができる花や草・木・水や動物たちはとてもしあわせを感じることができるのです。

 だからみんな、スズランの精をとてもかわいがりました。

 そして、スズランの精も自然からエネルギーをもらうことができたのです。
(スズランの精のご飯は、自然のエネルギーです。そしてスズランの精は、心が澄んでいなくては見ることができません)

 スズランの精には、仲良しだった人間達がいました。
それは、カリンバ村という所に暮らしていた人達で、いまから約3,000年も前のことです。

 カリンバ村の人々はみな、スズランの精をとてもかわいがりました。
自分たちがつくった首飾りや櫛などもスズランの精にあげました。

 そして、スズランの精は「かりん」という名前も付けてもらいました。
スズランの精はその名前と飾りが大のお気に入りで、いつも身につけています。

 それから何千年もたち、だんだんとスズランの精の元気が無くなっていったのです。

 その理由は、人間によって木が切られ、川が汚れて自然が無くなっていったことと、スズランの花畑が荒らされてしまったからでした。

 かりんちゃんの元気が無くなれば、それは自然がさらに元気で無くなってしまうことになります。このままでは、すべての自然が消えてしまう…。
自然とスズランの精は人間に助けを求めましたが、そのときの人間にはスズランの精を見ることはできませんでした。

 いまにも消えてしまいそうな「かりんちゃん」・・・。

 そんなかりんちゃんを助けたのは、やっはり人間たちだったのです。
自然をこわしたことによって、そこから想像以上にいろいろな問題がでてきました。

 自分たちの暮らしを続けていくためにも、自然を守らなくてはいけないことに気がついた人たちが、元の自然にもどす努力をはじめたのです。

 今、カリンちゃんは少し元気になりました。

 そして、カリンちゃんを見ることできる人たちも出てきました。
もしあなたが、かりんちゃんに会うことができたら、やさしくさわってください。

 かりんちゃんを元気にするために自然を大事にしてください。
かりんちゃんからあなたにしあわせな気持ちがかえってくるでしょう。